9月6日スタートしました

 ひとつの英文から、いく通りにも表現を広げる簡単な方法!
 毎日、仕事や家庭、地域活動や自分の趣味などで忙しい社会人のみなさんは、少しでも楽に短い時間でたくさんの表現を身につけたいですよね。
 9月からスタートしたEIGOBOO『1年間集中プログラム』では、中学レベルの文法を使える英語にする取り組みを始めています。まずは「主語+動詞」、「なにがどうした」の簡単な文から何通りにも言い換える練習です。
 例えば、”The typhoon comes.”の文を過去形、未来形にしたり、疑問形や否定形に言い換えるだけで12通りもの表現を一度に身につけることができます!
 また、同じ文のバリエーションを使ってひとり会話練習もできますよ。

Is the typhoon coming to Hiroshima?
Not, really. It’s coming to Shikoku.
Did the typhoon come to Okinawa?
Yes, it came to Okinawa yesterday.

 どうですか?たったの1文を覚えるだけではもったいないです。何倍にも広げながら表現力を広げていきましょう。
 一番大事なコツは、日本語に訳さないで瞬時に言い換える練習をすることです。台風の突風に吹き飛ばされるように「瞬時に」です。
 台風がたくさんやってっくる秋。
 Stay alert. Stay safe, everyone!

はじまりました