語学学習継続のコツその1.

「どうすれば、英語学習は続けられるのか?」

英語に関心を持っている多くの人が知りたいことですね。私も知りたいです。「えっ!? 継続のコツを紹介するって言ったくせに!」とがっかりさせてしまったらゴメンナサイ。でも、この答えは一人ひとり違っているし、答えは自分の内にあるので自分でしかみつけることができません。

語学力の進歩は時間がかかるうえに、目に見えないのでモチベーションを持ち続けるのが難しいのです。なんとしてでも、工夫して自分をやる気にさせる方法を見つけださなければなりませぬ!!

NHK講座で頑張ると決意したのなら:

– 毎月終了したテキストを目につくところに並べて努力をビジュアル化する。出席簿を毎日目にする洗面台の鏡の横に張る。毎週、毎月の出席率(視聴率)を数字化グラフ化する。

– 毎週、講座視聴後にテキスト内容を自分で読んで録音する。たまった録音が3分、5分、10分、20分…と増えていくことに学習量を実感できます。英語を読む自分の声を20分も聞いたら、ちょっと達成感もてるのでは?

ちょっと太ったかなと感じても、体重計に乗って体重増加のショックを感じないと、ジムに行く気がおこりません。目に見てこそ実感できるのです。
私の場合は“ストイック&快楽”作戦が一番効果ありかなぁ。ストイックに1週間頑張れたら、週末の夜はワインを飲みながら好きな洋画を好きなだけ楽しんでよいとか。要は自分へのご褒美で、自分を釣るのです。いつの間にか、週末楽しい事をしてから、来週は頑張ろうっと、順番が入れ替わって作戦失敗に終わるこも… そしてまた、自分のモチベーションをあげる次の作戦を考えて試すのです。
自分のモチベーションをあげる方法を探せるのは、自身を1番よく知っている自分です。色々トライして、自分が“いけるかも”と感じた方法を追求してみてください。失敗してもまた次の方法を探すのです。語学学習は自分探求の旅なのかもしれません。