日本語なまりは自分らしさ

My Accent is My Identity.

「外国人である私が、アメリカ人やイギリス人のように英語を話せたら、それは私じゃなくなる。自国なまりがあるからこそ、私なのよ。」と、自信をもってキッパリ言い張るアブダビ出身女性の動画を見てください。

私のEigoboo初投稿、ずずっとスクロールダウンして、いま一度ご覧下さい。人気YouTuber“バイリンガール”の英語動画は面白く、わかりやすく、そしてモチベーションをあげてくれる私のイチオシのサイトです。今回の動画も「自国なまりがあっても気にするな」と、勇気づけてくれますよ。

ただし!! ①文法やきちんとしていること、②語彙力があることが前提です。現在の自分の英語力を恥ずかしがらず、どんどん話す練習をしながらも、地道に文法と語彙力を身につけていくということです。

「なにを今更わかりきったことを」と、思った方も多いでしょうが、ちゃんと英語を勉強してから話す練習をしようと待ってしまう方も多いのでは?

初心者であれば、スピーキング練習をしながら、まずは中学英語レベルの文法力と、日常会話に最低必要な2000語を集中して学習してみましょう。学習を終了する頃には、日本語のアクセントは私らしさだから…と開き直る自信がつくと思いますよ。

バイリンガール動画をみるには